オナ禁攻略法まとめ

7年間1日1回オナニーし続けていた超ネクラオナ猿が、未成年にして人生を180度変えた極秘のオナ禁術の数々を公開…

【オナ禁×筋トレ】「朝の自重トレーニング」3年間やってみた

f:id:re-dr-sima:20180719140218j:plain

【3分で読める記事】

 

どうもこんにちは!オナ禁隊長のボウズです! 

 

 

 

いきなりですが、ぼくは「朝にトレーニングをこなす習慣」3年やってます。

 

腕立てやスクワットのような、自分の体重で鍛える「専門的な自重トレーニング」しか基本的にしません。

 

なので今回は、そこんところスッキリ爽やかに語ります!

 

 

前置き「朝からトレーニングしている成功者達」

オナ禁3日目、朝トレーニング

ヒルトン東京ベイ

 

さっそくですが、普通に生きてて

「朝からトレーニングをするという発想」

は、なかなかないと思います。

 

「朝から筋トレとかムリだろ」

 

と正直、思ってました。

 

 

 

 

そんな慢性怠惰なゲームオタクに、本格的に「朝トレ」を習慣化しようと思ったキッカケがありまして。

 

 

 

…数年前でしたが、とあるセミナーに参加するため「東京のオシャンなホテル」に泊まったわけであります。

 

セミナー当日、朝7時からヒマだったので、

 

「ホテルに付いているジムに行ってみよう」

 

と。ランニングを15キロで走って、朝からイキろうかというのがホンネでした笑

 

 

 

そこでジムに行って驚いたのが、

「朝7時から運動する人いないだろ」という偏見で入ったジムには

 

・世間的に成功者と言われているセミナー主催者

・年収数千万越えのIT系社長

・某有名アーティスト

・外国人のデキそうなビジネスメン

 

などの男たちでごった返していました。

 

ランニング15キロでイキっている場合じゃありません。

 

 

 

「え!?あの人もいるの?てか朝から運動する人こんないるの?」

と衝撃を受けました。

 

 

 

「自重トレーニングで鍛えるサムライ達」

f:id:re-dr-sima:20180719130757j:plain

出典不明

 

…話は変わりますが、僕は10年ぐらい父の教育上「空手」をやっておりまして。

 

 

 

昔、イキったボウズ野郎に、ぼくが尊敬している空手の師範代が

 

「昔の武士や、手紙を届けるために走る飛脚たちは、一汁一菜といったお米を食べる質素な食生活と、日頃からの地道な鍛錬によって、数十キロある鎧や刀を背負って戦ったり、数十キロもの道のりを休憩なしで走り続けたと言われているよ」

 

「だから空手でもそうだけど、基礎と質実剛健を忘れず、何事も継続することが大事だよ」

 

…的な、コドモには難しいことを教えてもらったのを覚えております。 

 

 

 

それでも

 

(ああ〜たしかに江戸時代にジムやバーベル、プロテインはねえか)

 

と納得した記憶がいまでも残ってます。 

 

 

 

やはり、歴史ある空手道の世界やその他の武道でも

 

・ダンベル

・高重量のウェイトトレーニング

・プロテインや高たんぱく質ライフ

 

をしている人は、あまりいません。

 

 

 

・懸垂100回〜やる人

・ランクルのような重い車ぐらいだったら手押しできる人

・100回本気で腹殴っても耐える鋼鉄のような腹筋

 

のような、アホみたいな筋肉の空手家を知っておりますが、ほとんどの人が日頃からの

 

・腕立て伏せ

・腹筋

・スクワット

 

といった、「地味な自重トレ」しかしていません。

 

 

 

 

個人的な感覚で言えば、自分の体重を使わない「ウェイトトレーニング」は、

 

・突き(パンチ)のときに体重が乗らないから弱い突きになる

・感覚がズレるから蹴りがコントロールしにくくなる

・脊柱や関節、神経を鍛えられないし、逆に傷つける

 

ので、無意識的にしなかったのだと思います。

 

 

 

自重トレーニングがウェイトトレーニングよりも確実な件

f:id:re-dr-sima:20180719140347j:plain

 

そんな

 

「朝からトレーニングしているデキる男達」

「質素なお米ライフでバキバキボディの武士達」

 

を知った一般庶民ボウズくん。

 

 

 

そんな男たちに感化されたイキリ童貞は、とりあえず「朝に自重トレーニングをする習慣」を本格的にやってみました。

 

 

 

majestic.hatenablog.jp

 

探したら、昔の日記にも書いてありました。

「Sトレ」ってのがそれですね。

 

 

 

当時の「Sトレ」から、朝ジム事件をキッカケに中身がガラッと変わりましたが、

 

・サーキットトレーニング

・俗にいう囚人トレーニング

 

という手法を、本格的に取り入れました。

どちらも自分の身一つで行う「自重トレーニング」ですね。

 

ホテルであれ家であれ、【無料】どこでも道具なしで、畳一畳あればできるのが魅力ですね。

 

 

 

あと前提として、ぼくは

 

・マシンやダンベルを使うウェイトトレーニング

・道具を使う

・ジムに行く

・プロテインを飲む、高たんぱく質な食生活

・柔軟、ストレッチをする

 

ということを”ほぼしません”

 

 

 

 

上記のことをしない大きな理由は、まずよくある現代的なトレーニングは「誰かが儲けたいがために作られたビジネスモデル」だということ。

 

マシンで儲けたいから、ムキムキな人に宣伝してもらう。

ジムの会員費で利益を上げたいから「結果にコミット」する。

 

 

 

「洗脳」というと言い方悪いですが、

そもそも重いバーベルを週3〜5とか上げなくても、ちゃんと「自分の体重を把握して、コントロールできるように」なれば、自重だけでバーベル100キロ上げられる筋肉を構築できるようになれます。

 

 

 

腹筋なんて余裕で割れますし、胸板や上腕二頭筋もたくましい物を「無料」で身につける事ができます。

 

「筋肉をつける」という目的だけで見れば、

ジムやダンベル&マシン、プロテインや過度な食事制限も、本当は必要ありません。

 

あなたが、ストイックなガチのボディビルダーでなければ。

 

 

 

最近はしていませんが、ボウズみたいな自重しかできない鶏ガラでも、ジムの70〜80キロを何回か上げれたので、ガンバったら100キロはできるようになると思います。

 

彼女さんを3分はお姫様抱っこさせて頂けるレベルでしょうか?

 

 

 

 

たしかに、ジムのマシンやダンベルを使うウェイトトレーニングだと、マンゾクいく筋肥大は望めると思いますが、

 

・関節や神経を痛める

・個々の筋肉を集中的に鍛えられるが【複合的な筋肉が必要とされる動作】ができにくくなる(懸垂、逆立ち、精緻な回し蹴り等)

・長期的に見るとカラダへのダメージが大きい

 

ということから、ボウズはメニュー候補としてそもそも、ウェイトトレーニングやダンベルトレを検討しておりません。

 

 

 

あと、自重トレーニングだけでもこれぐらいはイケるようです。ご参考までに!

 

concierge.diet

 

 

 

3年間「朝の自重トレーニング」をしてみた結果3選

f:id:re-dr-sima:20180719140532j:plain

 

わかってます…

「ただの腕立て伏せみたいな自重トレーニングが地味」

なのはわかってます…

 

 

 

「マシンやダンベル、ジムこそ絶対正義!聖地!」

だと思われている方には、鼻クソみたいなブログかもしれません。

 

 

 

ですが、もし

 

「これから何かオナ禁と合わせてトレーニングしてみたい!」

「自重トレーニング気になります!」

「正直、ボウズを下に見ています」

 

と思われる方は、そこんところも含めて、実際に

「3年間、朝の自重トレーニングの習慣」

をやってみて実際に変わったことをシェアしようと思います!

 

 

 

筋肉質な肉体へ

f:id:re-dr-sima:20180711234249j:plain

 

まずこれ。ボウズ史上もっともイキった自撮り。 

 

見事なヒョロガリですね。アンチ様が喜びそうです。

 

 

 

「必要にして十分」

「彼女さんを抱く時に最高のパフォーマンスを発揮できる肉体を」

「敵を半殺しにできるだけの技術と柔軟性と肉体を」

 

の精神でやってきたので、そもそも"魅せるためだけの筋肉"は目指していません。

 

 

 

彼女さんは、ぼくをあまり褒めてくれませんが

 

f:id:re-dr-sima:20180719141106j:plain

 

ってLINEを送っていただいたり、

彼女さんのボウズリーク記事でも言及されていたので、たぶんぼくの肉体に不満はないのかなと思います。

 

とはいえ、もっとバキバキに鍛え上げます。

 

majestic.hatenablog.jp

 

筋トレやり続けた証拠の画像としてブチかましておきますが、恥ずかしいのでそのうち消します。

 

 

 

あと、ぼくの場合、かなり太りやすい体質でしてオナ禁する前は、北の金正◯みたいに、ふくよかでした。

 

f:id:re-dr-sima:20180706124109j:plain

 

小学生の頃とかひどいですよ。 

 

隠しきれんばかりの2重アゴ+3段腹。

お風呂のイスに座って足閉じたら太ももの上に水溜められるぐらいムチムチ。

 

 

そんなヤツでも

「ある程度の筋肉質な肉体構築」

「短期間で10%以下まで体脂肪率を落とす事」

ができました。 

 

 

 

 

トレーニングを継続しやすい

オナ禁3日目、朝トレーニング

次にこれ。

 

当時のぼくの常識では、トレーニングは普通

 

・学校終わり

・仕事終わり

 

に終わらすのが普通だと思い、ずっと夕方や夜に筋トレをシュクシュクしてました。

 

「朝からトレーニングやるとか頭おかしいだろ」って。 

 

 

 

んでもって

 

「今日は疲れたから明日筋トレしよ」

 

みたいな。

ちゃんとルーティーン通りできていたかと言うと、その日のコンディションに左右されまくっていたと思います。

 

 

 

…ですが、朝一番は1日の中で最もエネルギーがある時間帯でして、

「宿題とか仕事の悪影響等を受けずに集中できる」のが、朝トレのメリットでもあります。

 

調子が出ないうちは、カフェイン等を摂取してハアハアすれば、それなりに継続できるようになりました。 

 

 

 

人それぞれですが、ちゃんと

 

「朝に運動したら成功者に近づける!集中力も上がる!やったでおい!」

 

というように、何事もそうですが「メリット」をしっかり意識して、習慣化するまで(だいたい2〜3週間連続で)継続すれば、

ジワジワと変化を感じられますし、朝から達成感を味わうことができるので、いまでも継続できています。

 

 

 

思考力、集中力、モチベーションが爆発的に上がる

f:id:re-dr-sima:20180719141743j:plain

 

最後にこれですね。

 

実際に朝から運動をしてみるとわかりますが、その日1日トータルでの集中力が段違いです。

 

 

 

「仕事のクオリティを高めるため」

「僕は朝に仕事も終わらせます」

 

など職業にもよりますが、朝に一発目にトレーニングを済ませ、そのあとにビジネスや仕事、会議やメール返信に集中させる方はまあまあおられます。 

 

 

このクソブログでシェアしている塾長ニキも、朝にトレーニングをして仕事も3時間以内に終わらすことで有名です。

 

それに影響を受けたボウズが、イキってマネした説が濃厚になってきましたね。

 

 

 

早朝は「意思の力の供給」が一番高まる時間帯

 

とも言われ、実際に科学的なメリットも出てたりしたり。

 

下記のクールガイな記事で詳しくシェアされているので、シコリそうになったらどうぞ!

 

lrandcom.com

 

 

 

朝から達成感を味わえる

 

あと、朝トレによってモチベーションが上がる理由は朝から達成感を味わえるから」だと思います。

 

朝にクッソめんどくさいトレーニングを済ますからこそ。

 

 

 

ちなみに、デキる男は「勝利のキブン」を朝一番に味わい、達成感に身をくるみながら、1日をスタートします。

 

オバマ元大統領や、僕の大好きなアーティストのGacktさんも、朝からトレーニングを済ましています。

 

 

 

意識高いホテルで、朝ジムしてた野郎どもにきいた時でも

「朝からトレーニングを終わらすことで、それなりの達成感とスッキリ感を得るため」

という答えがホント多かったです。

 

 

 

たしかに、

「朝4時まで夜更かし→昼の12時に起きて憂うつ感ドップリ浸かっちゃう」 

よりかは理に叶っているかなと思います。

 

 

 

「意識高けぇなおい」

 

(ぶっちゃけ)思いましたが、

今では僕もすっかり、彼女さんに

 

「あっ!意識高い系マンだ!」

 

と言われるようになったとかなってないとか。人のこと言えない立場になりました。

 

 

 

まとめ

f:id:re-dr-sima:20180719141844j:plain

 

まとめますと、

 

・自重トレだけでも筋肉質な肉体にできる、マッチョにもなれる

・朝トレは短期間で体脂肪率を落とせるし、適正体重以下には基本落ちない

・朝から「達成感や勝利のキブン」を味わえる

・朝トレで1日通して、集中力やモチベーションが下がりにくくなる

 

という感じです。

 

 

 

朝のトレーニングのメリットを語り出すと、3記事分ぐらいになるので割愛しますが、だいたいこんな感じです。

 

 

 

また、筋トレ未経験者でも上級者でもできる

 

「基本無料のドコデモできる究極の自重トレーニング」

 

 について今後シリーズ化していきますが、とりあえず「女性にモテる肉体」であれば、自重トレーニングだけで十分です。

 

朝にするかどうかは、その人のライフスタイルによりますけどね…汗

 

 

また、トレーニングについて気になることがありましたら、シコみちお兄さんが教えてくれるみたいです。

 

majestic.hatenablog.jp

 

 

 

ではでは!どこかのホテルジムでお会いできるのを楽しみしております!

 

良いオナ禁ライフを!