あまり知られていないオナ禁攻略法まとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまり知られていないオナ禁攻略法まとめ

7年間1日1回オナニーし続けていた超ネクラオナ猿が、未成年にして人生を180度変えた極秘のオナ禁術の数々を公開…

女子高生にモテ続ける極秘の設計図:chapter.1

オナ禁攻略法まとめ

f:id:re-dr-sima:20161014115625j:plain

 

どうもこんにちは!オナ禁隊長のボウズです!

 

 

 

さっそくですが、今から女子高生にモテる方法をシェアします。

女子高生にモテる方法だぜ!?

 

 

「えっ?いつもの茶番はねえの?」

「ちょっといきなりどうしたのさ」

 

 

と、いろいろ思うこともあると思いますが、

とにかく今から女子高生にモテる方法をお教えします。

女子高生にモテる方法。

 

 

 

ちなみに高校生や中学生の男子専用なので、

これに当てはまらない人はあの頃の青春を思い出しながら

ニヤニヤして見てもらうと嬉しいです〜

 

 

 

んじゃいきますよ〜!

女子高生にモテる方法〜!

 

 

 

【女子高生にモテる方法、モテ続ける方法】

 

 

ちなみにぼくは、高校2年生の時にオナ禁を始め、

オタクレベルでやり込んだ結果、今のオナ禁隊長があります。

 

 

 

高校生活1年半という期間ではありましたが、

多くの女子高生としゃべれるようになり、

どんどん寄ってくるようになり、

自然にモテるようになり、

女子高生と付き合えることができました。

 

 

そのへんは今までの極秘報告書シリーズ等で

たっぷりとご紹介してきましたが、

 

「どうやったら女子高生にモテるのか?」

 

というのはあまり掘り下げてシェアしていなかった気がします。

 

 

 

なので、ぼくだからこそ伝えれることをじっくり語り尽くしていきます。

 

 

 

まず、最初に9割の男子高校生が意識できていないことから

お話していきます。

 

 

 

 

 

ぼくのオナ禁したての頃は、

 

「女子高生にモテてぇ〜」

「あの子のおっぱい揉みしだきてぇ〜」

「やりてぇ〜」

 

みたいな感じでした。

 

まあ男子高校生はこんな感じですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

…え?そこまで変態じゃない?

 

まあいいや。

 

 

 

これに関しては若気のいたり、しょうがないことかもしれませんが、

ぶっちゃけこの考えがある時点でモテる確率はかなり低いと思います。

 

 

 

 

今までぼくは、隠キャラのクセにリア充という類の人とかなり

絡んできましたが、

たしかにリア充さん達も上記に似たことを考えていました。

 

 

 

しかし、それでもなぜモテたり、付き合えるのかというと

単純に

 

「行動できていたから」

 

からだと思います。

 

 

 

相手はどんなことを考えていて、どんなことをして欲しいのか。

 

それを踏まえて実際に声をかけたり、告白したり、デートに誘ったりして

女子高生と仲良くできていることに気がつきました。

 

 

 

 

ぶっちゃけモテてない人は自分から行動していない人が多いです。

 

 

 

自分から行動しなくてもモテるようになるのは、

もともと女性に好かれるタイプだったり、

性エネルギーをうまく転換できるようになったり

してからだと思います。

 

 

 

 

ここまでで、

 

「自分から行動する」

 

ことが女子高生にモテることにおいて大事だとお話しましたが、

人によってはそれが、かなり難しいことだとわかっていると思います。

 

 

 

ぼくがそうでしたし、それを誰よりもわかっています。

 

 

 

なので、ぼくがしてきた自分から行動できるようになる

具体的なアプローチの方法をシェアします。

 

 

 

 

まず、

 

「思い立って0.6秒ぐらいで女子に声をかけられるチャラ男」

 

と、昔のぼくみたいな

 

「3日悩んで結局話しかけないキョドる系男子」

 

とのちがいはなんだと思いますか?

 

 

 

 

「隠キャラだからだろ」

「そんなの顔だろ」

 

 

 

いろいろな考えがあると思いますが、

もっと本質的なことから答えを出すと、

 

「女子と話すことにブレーキがあるから」

 

です。

 

 

 

これがどういうことかというと、

あなたの無意識下のなかに、

 

「お前は女子と話すとキモいと思われる」

「自分はブスだ。だからキモいと思われる」

「キモいと思われたら嫌だ。そんなの苦しい」

「ぼくはモテない。モテるなんてありえない。でもモテたい」

 

など、いろいろな思い込みがあると思います。

 

 

 

 

それらが脳に染みついているから

いざ意識して女子高生に声をかけようと思っても

無意識下の自分にガッツリブレーキをかけられてしまいます。

 

 

 

この無意識下の自分というのは想像以上にやっかいであり、

逆に予想以上のポテンシャルを秘めた分野でもあります。

 

 

 

ここまででなんとなくわかってきたと思いますが、

この「無意識下の自分」をモテる自分に書き換えていければ

文字どうり、無意識に自然に自動的にモテることができます。

 

 

てかモテます。

女子高生に話しかけられます。

好きな子にドキドキしながらも告白できます。

 

 

 

「モテるのはわかった。

 んじゃどうやったら無意識下の自分なんて書き換えられるの?」

 

 

 

と思うのでシンプルにサクサクとお話していきます。

 

 

 

ぼくがやってきたアプローチとしてまず、

 

「紙に書き出す」

 

ことです。

 

 

素直な気持ちで紙に、自分のブレーキになっていることを書き出していきます。

 

「ぼくは女子と話せない」

「モテないし、彼女できない」

 

これらを書き出したら次に、

その書いたことがらを斜線で消して、

その横にでもいいので、理想の自分を書きます。

 

 

 

例えば

 

「女子と休み時間、恋愛相談にのっている自分」

「自然に童顔のカワイイ女子が寄ってきて、一緒に話している自分」

 

など、自分がワクワクできて、こうなったらいいなあという理想を

書いてみてください。

 

 

 

これに関しては毎日5分でもいいのでやってみると

じわじわと効果が出てきます。

 

毎日ですよ!

 

 

 

 

ここで一旦終わりますが、

この「女子高生にモテるシリーズ」は今後、

続けていきたいと思います。

 

(ちなみに極秘オナ禁報告書シリーズは

 えげつないぐらい好評でした笑)

 

 

 

女子高生に限らず、これからの女性関係において

かなり使えるアプローチを厳選して

発信していきますので

興味あったらニヤニヤしながらでもいいので

見てもらえると嬉しいでっす!

 

 

ではではよい高校生ライフを〜