オナ禁攻略法まとめ

7年間1日1回オナニーし続けていた超ネクラオナ猿が、未成年にして人生を180度変えた極秘のオナ禁術の数々を公開…

「オナ禁してたらバレンタインにチョコを貰えた」とほざく現役彼氏

バレンタイン、チョコ、オナ禁

【1分あれば読める、チョコ一個でイキってる男の記事】

 

 

やあやあ皆さん、ごきげんよう。

バレンタインデーに本命チョコを貰った、このオナ禁隊長ボウズが通りますよ。

 

 

 

 

バレンタインにチョコ貰った

バレンタイン、チョコ、オナ禁

 

 

ちょっと見てよこのおしゃれなチョコ、どや。

 

彼女さんからチョコ貰ったでおい。

 

 

 

キタでこれ、もうコレ勝ったな、今年のバレンタインデーは勝ち確やな。

優勝やな。

 

 

 

 

 

…えっ?

 

「どうせ、母親から貰ったイオンの特売安売りチョコだろ?」

だって?

 

ノンノン。

これは紛れもなく僕史上最高にして最愛の彼女さんからの、愛溢れるチョコに決まっ…

 

 

 

 

 

…え?

 

「ホントはチョコ貰えなかったけど、ブログで示しつかないから、自分で買っていかにも貰った風に見せたチョコだろ」

だって?

 

 

 

ノンノンノン。

僕は一ミリも、イオンのバレンタインチョココーナーに足を踏み入れていないし、

僕のクレジットカード履歴にもチョコのチの字も載ってねえ…

 

 

 

バレンタインにチョコ貰った、マジで

バレンタイン、チョコ、オナ禁

 

 

それはさておき、

自慢したいので、もう一度言いますが、

彼女さんからチョコ貰いました。

バレンタインデーにチョコ貰いました。

チョコ貰いました。

貰ったよ?チョコ貰ったもん。

 

 

 

…別に、これはチョコを泣く泣く貰えなかったオナ禁二ストを煽っている訳ではなく、決してなく。

 

もちろん、過去の非モテ童貞ボウズくんに向けて発信しておりますし、

ただ自慢したかっただけのオ◯ニー記事を投稿せずには入れられない早漏なので。

しょうがない次第だと若気のイキリ、思います。

 

 

 

あと、余談ですが

「そういえばバレンタインデー関連の記事書いたことねえから書こ」

と思って、自分のブログ漁ってたら、見事にあったね。笑

 

majestic.hatenablog.jp

 

 

 

懐かしい…

この頃はたしか高校2年生の時?だったかな。

 

「えっ?そんなチョコ貰っていいの?」

 

と義理チョコとはいえ、浮かれてた気がします。

 

 

 

…ただ、オモシロイのが、この高校生の時のかつてのクラスメイトの一人が、

今年チョコをくれた彼女さんてところよね。笑

 

あの時の、隣で冷めた目でボウズ野郎を見ていた女子が。

 

今、「彼女として」僕にチョコをくれるっていう展開がなんかイイよね。

ドラマっぽい展開よね、そうでもねえか。

 

 

 

この高校生時代は、ホントあの人に申し訳ないけど、

「友達としか」思ってなくて、恋愛感情がなかったのよね。笑

 

むしろ、当時の彼女の前で

「あの女子カワイイ!付き合いたい!」

と、他の女子の名前をほざいていた童貞でしたので、なおさらヒドイよね。汗

我ながら、くたばればイイと思いました。

 

 

 

そんな彼女さんや、彼女さんに対するアレコレも、よかったらどうぞ!

自分のブログをもっと見てほしい年頃なのです。

 

majestic.hatenablog.jp

 

 

 

オナ禁してチョコをもらえるようになるまでの苦悩

バレンタイン、チョコ、オナ禁

(バレンタインにチョコ貰ったよ)

 

 

 

女の子にチョコを貰えれば、誰でも嬉しいもの。

それが義理チョコではなく、本命ならなお嬉しいですよね。

 

「あのカワイイ好きな子と付き合いたい!」

「あの女子とデート行きたい!」

 

という場合は、それなりにアプローチや告白など、自分サイドから動く必要もありますが、バレンタインデーに限っては

 

「お願い!チョコちょうだい!一生のお願いだから!」

 

と頼んでもらえるものでもないですよね。笑

 

 

 

 

バレンタインのチョコイベントは、自分の周りの女性が

 

「あの人にならチョコあげられるかもね」

「どう思われるかわからないけど、チョコあげてみよう!」

 

と思ってこそ、成立するもの。

 

 

 

ここで、いつかのバレンタインの夜にヤケクソで3回抜いてた、

どこかのボウズ野郎みたいに、バレンタインを迎えるまで

 

・女性側からみて生理的にアレな男だったり

・女子に話かけられても「…あっ、あ…」みたいにイヤでもコミュ障してしまったり

 

してしまう男でしたら、まあ

「チョコあげよう」

とはなりづらいと思います。

ぼくが女子だったら、陰口ブッ込んでたと思いますね。笑

 

 

 

もちろん、チョコを貰うことが全てではないですし、もちろんそれが正義でもなんでもないですが。

 

やはり個人的に、周りのチョコ貰えてたモテ男たちを、当時見ていて思ったのが

 

「日頃から周りに自然とイイ影響を与えている男」

 

が多いということ。

 

 

 

「オナ禁すりゃモテるだろ。日数稼げば効果出るだろ」

「筋トレこれだけストイックにやってるからモテるな」

 

という"だけ"でしたら、正直な話、周りの女性からはお堅い印象を与えてしまいます。

 

 

 

ですが、世の女性が心から求めているのは、もちろん

 

「魅力的な男性、オナ禁してシャキッとしている男性

 

だと思いますが、もっと本質をいえば

 

「魅力的な男性から話しかけられる、興味を持ってもらうシチュエーション」

 

を求めていると思います。

 

 

 

まさしく、これは僕が

 

・オナニーを卒業し、オナ禁を習慣化

・オナ禁180日制覇

・トレーニングも週7ペースでこなし

・食事も1日1食、糖質完全制限

・勉強もそこそこ高水準の成績を出していた

 

…にも関わらず、"期待通りにモテなかった"ことで感じたことでもあります。

 

 

 

宮川大輔さんとのび太とドブ水を混ぜた、

どうあがいてもネクラ顔な僕でしたらなおさらですが、

やはり、日々の積み重ねのなかで

 

「あの人と話してみたら意外と優しかった」

「あの人といると話も聴いてくれるし、なんか落ち着く」

 

と思ってもらえるような男になって、そう思ってもらえるだけのさりげない気遣いができる男になれると、これから先のバレンタインも濃厚ウハウハかもしれませんね。

 

 

 

非モテ童貞オナ猿から「現役彼氏」へ

バレンタイン、チョコ、オナ禁

 

 

どうしても、オナ禁という一つの自己啓発に取り組むと、

 

「ああしなきゃダメだ。こうしなきゃ効果ない…」

 

といった

「自分の中で固まったストイック意識」

みたいなのができてしまう人が多く感じますが、もちろんそれもほどほどに大事にしつつ、

 

「すでにモテている人、彼女を作っている人を参考にしたり、できるだけ会いにいったり仲良くなってみる」

 

ことが、"モテる最短の秘訣"だと思います。

 

 

 

ぼくは、当時バレンタインにモテまくりたかった素人童貞だったので、コミュ障ながらも

「すでにモテているリア充さん達」

と積極的にかかわりにいったり、マネできることはとことんマネしてみたりしていました。

 

 

 

「周りの5人を変えると人生変わる」

 

そんな名言もあった気がしますが、やはりこれはあながち間違ってないと思いますし、

今、こうやってオナ禁ブログで発信したり、愛する彼女さんとお付き合いできているのも、

 

「オナ禁をマスターしてモテまくっている男」

「家族や恋人とずっとうまくやっている人」

 

を過去のボウズくんが参考にしたからだと思います。

それは間違いないですね。

 

 

 

「チョコ1つでアガっちゃう系男子が、モテ男を増やすために奮闘しているらしいです」

バレンタイン、チョコ、オナ禁

(これ見て、本命チョコ見てこれ)

 

 

…何がともあれ、さっそくこの記事書いている時も

 

「今年はやっとチョコ貰えました!」

 

と読者さんからの嬉しい報告オナ禁メールきてました!

こういうメール好きよ。

 

 

 

なので、少なからず、

 

「オナ禁することでバレンタインにチョコ貰えるようになれるかも!」

「やってみよ!」

 

と思って(メンドくさいと思いますが)一歩踏み出す、イカすメンズが増えれば本望ですね!

 

応援してますよ!

 

 

 

majestic.hatenablog.jp