あまり知られていないオナ禁攻略法まとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまり知られていないオナ禁攻略法まとめ

7年間1日1回オナニーし続けていた超ネクラオナ猿が、未成年にして人生を180度変えた極秘のオナ禁術の数々を公開…

「オナ猿」→「オナ禁コンシェルジュ」

f:id:re-dr-sima:20160805210216j:plain

 

どうもこんちは、オナ禁隊長のボウズで〜す。

 

今日はボクが、

超ネクラオナ猿時代のときの

オナ禁に対する不安について

おハナシしていこうと思います。

 

これを見てくださっている人の中にも、

オナニーについて悩んでいると思います。

 

なので少しでも共感してもらえたら嬉しいです。

 

 

 

【オナニーするのが当たり前になった時】

 

自分は、中学生ぐらいの時からオナニーをやりはじめ、

その短期的で性的な快楽にどハマりしていました。

当然、一人隠れてシコシコしていました。

 

射精することについては、

学校の気まずい保健の授業でしか知らず、

オナニーすることについても

悪いことだとは思っていませんでした。

 

というか、たぶんオナニーしている人の多くは、

ムラムラするからするのであって、

食事すること、寝ることと同じく、

欲を満たしたいからオナニーすると思います。

 

人間の本能的なことなので、

しかたがないかな〜と今では思います。

 

 

【オナ禁をはじめて知った時】

 

はじめて知ったのは高校2年生の時。

だいたい5〜6年ぐらいオナニーし続けていたので、

「オナニーするのは当たり前」

と思い込んでいました。

そんなオナニーをやめることは

自分にとって最大の苦痛でした。

 

ストレス発散したいし、

エロいもの見てキモチよくなりたいし

射精して快感を得たい。

 

そんな自分にとって最高のご褒美を

自分でガマンする。

 

 

「やるわけない」

 

 

この一言で最初は片付けました。

 

しかし、たぶんオナニーしている人なら

射精した後の罪悪感や、

1億以上の命の源をティッシュの上に出すことが

実は間違っているんじゃないのか?

と疑問を感じることがあると思います。

 

そんな違和感を感じながらある日出会った

オナ禁のプログラムに参加し

オナ禁を実践してからは

オナニーがいかに自分の可能性を潰していたか、

どれだけ体に悪いことなのかを

肉体レベルで実感することができました。

 

 

 

今回はオナ禁のプログラムや教材を買えよ!

ということを伝えたいのではありません。

 

とある一人のオナ猿が、なぜオナニーをし続け

どうしてオナ禁を始めたのか

ということを少しでも

わかってもらえたら本望です。

 

もしあなたがオナニーをしていて、

それについて一ミリでも悩んでいるのであれば

オナ禁をはじめてみると

新しい世界がどんどん見えてきます。

 

今まで歪んでくすぶっていた

人や世界が人生が、

いかに美しいものであり

どれだけ生きることが素晴らしいことか

わかるようになってきます。

 

「どうせオレなんて…」

「あいつ今オレのことバカにしただろ」

「クソみたいな人生だな」

 

本当に思っていました。

正直、こんな人生を早く終わらせたいと思っていました。

 

ボクはオナ猿である以前に、

チビでブサイク、超ネクラの人見知りで

貧乏でど底辺で寂しい母子家庭に育ち、

ゲームと一緒に育ったと言っても過言じゃないぐらい

閉鎖的で暗い青春を送り、人が怖くて喋れず、

いじめられるのが怖くて本当の自分を押し殺し、

運動も勉強もいつもビリ、

不健康でネガティブでアダルトチルドレン、

おまけに重度のオナニー依存症。

 

そんなボクでも

「オナ禁だけ」

で人生を180度変えました。

 

 

 

ちょっと重いハナシになりましたが、

もしよかったらオナ禁してみてはどうですか?

ではではよい人生を〜