あまり知られていないオナ禁攻略法まとめ

オナ禁攻略法まとめ

7年間1日1回オナニーし続けていた超ネクラオナ猿が、未成年にして人生を180度変えた極秘のオナ禁術の数々を公開…

「ブサメン帰宅部エース」と「イケメンバスケ部キャプテン」

f:id:re-dr-sima:20160902153405j:plain

 

どうもこんにちは!オナ禁隊長のボウズです!

 

 

いつもオナ禁に関する記事を書いていますが、

たまにはただのブログっぽいことも

書きたいなあとか思ったので、

完全自己満記事になりますが、

ただの雑記だと思って見ていただけると

嬉しいです。

 

 

見ている人にとってはどうでもいいかもしれませんが、

ぼくにとってこのブログは

人生初のブログなので、

ずっとこういうゆる〜い記事を

書きたくて書きてくて震えてました笑

 

 

 

とはいえ、これからもしっかりと

質のいいオナ禁情報をお届けしますので

末長くよろしくお願いします〜

 

 

 

【親友Wくんについて】

 

いろんな記事にも書いた気がしますが、ぼくは

女子高生34人に囲まれたクラスで

高校生活を3年間過ごしました。

 

男子はというと、

ぼくと親友Wくんを合わせて2人だけでした。

 

 

Wくんがどんな人かというと、

超ネクラオナ猿のぼくとは打って変わって

 

「バスケ部のキャプテン務めるぐらいのスポーツマン」

「そこそこモテて、友達も多い」

「まあまあイケメン」

 

という、ぼくが嫉妬しすぎて

助走をつけて殴りたくなるぐらいの

いいやつでした。

 

そんなぼくとは正反対のやつと高校3年間

仲良く過ごせたかというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…結構、楽しく過ごせました笑

 

ぼくがツッコミ&いじられ気質なのと、

Wがボケ&いじりたがり屋なのが

合ったみたいでまあ楽しくバカみたいに過ごせました。

 

休憩中は鬼ごっこしたり、

かくれんぼしたり、

筆箱を隠されたり…

といろんなことをして遊んだ記憶があります

(小学生かよ笑)

 

 

そんなWくんですが、

たまに彼女を作っていたり、

女子にモテモテだったりします。

 

その度にぼくは、羨ましすぎて

枕を涙で濡らす思いをたくさんしました。

 

 

 

そんなある日、

ぼくはオナ禁と出会って

いろんな経験をしたり、

モテる経験をしましたが、

どうもWくんとは少しモテ方や、

人間関係が違うなということに気づき始めました。

 

ず〜と何が違うのかなと分析していたら、

Wくんはある二つのことを自然にできていました。

 

 

 

一つは

「オナニーをしていないこと」

です。

 

そりゃバスケ部のキャプテンになったり

勝手にモテたりするわ。

 

コンビニに寄った時でもエロ本とか見たら

「はっ、こんな本」

みたいな低レベルなモノを

見ているような反応でした。

 

自然とオナニーしないように育ったのが

ぼくとの違いかなと思いました。

 

 

 

二つ目は、

「シェアしていること」

です。

 

よくWくんはお菓子をぼくとか周りの人に

あげていたり、

自分の経験した面白い話を

楽しそうに話していました。

 

ぼくはというと、

自分の話を家族にさえめったに話さず、

お菓子も自分だけ食べ、

人にあげるのなんてもったいない!

というどケチ人間でした。

 

むしろ、人からいろいろ奪うタイプの人でした。

 

 

やっぱり、

 

「自分だけ!自分だけ自分だけっ!」

 

という自分だけ良かったらいいみたいな

生き方ではどれだけオナ禁しても

幸せにはならないとWくんに気づかせてもらいました。

 

 

 

 

本当にWくんにはいっぱい迷惑をかけましたし、

たくさん心配もさせてしまったと思います。

 

勝手にオナニーしまくってネガティブになったり、

いきなり超ノリが悪くなったり、

ぼくがズル休みしまくって1人にさせてしまったり…

 

本当に迷惑をかけたなあと思います。

 

そんなWくんとは今でも、

月に二回ぐらい釣りに行く関係で、

これからも長く付き合っていきたい親友です。

 

 

 

 

つまり

ぼくが言いたいのは

 

「すでにうまくいっている人と関わったり、

 分析することでうまくいく」

 

ということが

何事においても大事だよってハナシ。

マジで。

 

結局、オナ禁においても

オナ禁をマスターしている人に

ついていったり、マネしたりするのが

一番てっとり早く攻略するカギだと思います。

 

 

なので、うまくいっている人を分析したり、

積極的に関わってみると

早く結果が出ると思います。

 

 

それでは、よいオナ禁ライフを〜