あまり知られていないオナ禁攻略法まとめ

あまり知られていないオナ禁攻略法まとめ

7年間1日1回オナニーし続けていた超ネクラオナ猿が、未成年にして人生を180度変えた極秘のオナ禁術の数々を公開…

魅力的なオトナの女性と「4時間恋バナお食事会」

f:id:re-dr-sima:20160914190402j:plain 

 

どうもこんにちは、オナ禁隊長のボウズです!

 

 

今日はですね、

いつもみたいにオナ禁術とか報告書とかじゃなく、

本当にただのブログを書きたいなあとか思います。

 

 

 

たまにはこんな雑記もいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

…いいですよね?

 

 

 

とゆ〜わけで、

この前、知り合いの女性の人と食事に行くとかいう

ハナシをしたじゃないですか?

 

 

んで、その女性と食事に行ってきたわけですが、

まあ楽しかったです。

 

お互いのこととか、

恋愛の話とかをまったり

話して食事は終わりました。

 

 

んで、

食事会は終わり、ぼくはいつも通り、

スタバでMacBookを照れ顔でカチャカチャする予定でしたが、

さっきの女性とま〜た偶然会いました。

 

 

「絶対つけてきましたよね笑」

 

とか言いながらも、

向こうは向こうでスタバで

のんびりする気マンマンだったみたいだったので、

お食事に引き続き、いろんな話とかしました。

 

 

 

話と言っても9割、恋愛の話でしたが笑

 

 

 

お前は女子か笑

 

 

 

んで、どうもその女性は、

気になっている男性に食事のお誘いをしたが、

それを断られたことに悩んでいたみたいで。

 

 

んで、いろいろ相談に乗りましたが、

なぜかぼくのせいでその女性の人が泣いてしまいました笑

 

 

 

…悪い意味で泣かせたんじゃないですよ!?

 

 

 

悩みの内容を聞くと、

明らかに相手の男性は

その女性のことを気にしてない対応だったので、

 

「厳しく言いますけど、食事に行くのはかなり難しいと思いますよ」

 

と、しっかりキッパリと言いました。

 

そのあとに、男性としての視点からのアドバイスや、

その女性が気付いていない本質的な気持ちを教えてあげると、

とてもとても感動したらしく、

感極まってその女性が泣いてしまいました…

 

 

 

これには僕としてもびっくり仰天で、

まさか自分の言動で人の心を動かすことができるとは

思っていませんでした。

 

 

 

オナ猿時代だったら悩みを聞いても、

 

「ああ〜そうなんだ〜…へえ〜…」

 

で終わってたと思います。

 

 

やっぱり、オナ禁が習慣化したおかげか、

相手の女性のことをしっかりと考えれることができたから

こういう言動ができたのかなと思います。

 

 

 

んで、その女性の方いわく、

 

「ボウズは年齢の割には落ち着いとるし、

 なんか頼れるよね〜」

 

と、おホメホメしてもらえました。

 

年上好きのぼくからしたら最高のご褒美でっす。

 

 

 

そのあともいろいろ雑談とかしたりしてなんだかんだで、

気がついたら3時間経っていました。

 

 

 

どんだけスタバで恋バナしてんだよ笑

 

しかも童顔ボウズと魅力的なオトナの女性の2人でですよ笑

 

 

明らかにぼくの方がが釣り合ってねえな…

とかうすうす思ったりしたり。

 

 

 

そんなこんなで今日の、

女性との4時間に及ぶ恋バナお食事会は幕を閉じました。

 

 

 

 

いや〜、よかったっす。

 

女性からの評価が得られたり、

女性の悩みにしっかりと答えられたりと

かなりゴキゲンな時間でした。

 

 

 

オナ禁が習慣化していると、

こんなラッキーなこととか、

出会いとかが余裕で引き寄せられてきますからね!?

 

マジで。

 

 

 

というわけで、

自慢風味たっぷりな記事になりましたが、

ここまで見てくださりありがとうございました。

 

 

これを見ているあなたもオナ禁を通して、

ぼく以上の最高のモテモテラッキーなグッド体験が

できることを祈ってます!

 

ではではよいオナ禁ライフを〜